★WEB★令和4年度 採用力・広報力強化研修 入門編 ~採用者は人材確保と組織活性化のキーマン~(東京都委託事業)
広報力を高め、人材確保に強い組織を目指す
2022年07月13日(水)
担当者:東京都福祉人材センター研修室
研修目的
福祉分野の法人、事業所からは「人も、コストもかけて採用活動をおこなっているが応募すらない…」という声が多く聞かれる一方で着実に職員採用ができている事業所もあります。採用活動で成果を出す法人と、出せない法人の違いはどこにあるのでしょうか。
採用活動で成果をあげている事業所の多くは、採用チャンネル(選択肢や採用のルート)の開拓、自法人で働く魅力を可視化させるなど、他法人との差別化をはかっています。
本セミナーでは、自法人の広報活動、広報ツールの再点検などを行い、求職者に伝わる広報ツールを企画する際のポイントや事例の紹介を行います。また、このコロナ禍において急速に普及した「オンラインを活用した採用活動」についても触れ、変わりゆく採用活動の動向や考えるべきポイントについてお伝えします。
研修対象者
①東京都民を対象とする福祉施設・事業所の施設長・事業所長および管理職員
②東京都民を対象とする福祉施設・事業所の採用・人事担当者

※WEB研修のため、定員はありません
※研修動画には「字幕」付きもご用意しています
日程
2022年07月13日(水),
募集締切日:2022年06月22日(水)
受講申し込み

研修内容
時間 内容
100分~ 【講師】株式会社エイデル研究所 出版・広報企画部 部長 熊谷 耕 氏
(1)採用担当者の役割とは (講義6分)
(2)法人の採用力をはかる「10項目の採用チェックリスト」(講義26分)
(3)どのようにして、自法人の魅力を見つけ、発信するか(講義12分・個人ワーク35分)
(4)法人内、職員、地域から、効果的に情報収集するためのポイント、仕組みづくり(講義6分)
(5)採用担当者は人材確保と組織活性化のキーマン(講義9分)

計 約100分

研修会場
収録型WEB研修となります。
インターネット通信環境があれば配信期間中いつでも視聴できます。
受講費用
無料
受講定員
その他
■視聴パスワードの提供方法
「パスワード」の通知は7月6日(水)以降、「けんとくん」にご登録の事業所アドレス宛に行います。
※7月8日(金)までに届かない場合は、お手数ですが事務局までお問合せください。
※ご登録のメールアドレスを必ずご確認の上お申し込みください。

■研修資料の提供方法
「研修資料」は郵送いたしません
動画の視聴サイト上から「研修資料データ(PDFなど)」をダウンロードしてご利用ください。
お問い合わせ先
東京都社会福祉協議会 東京都福祉人材センター研修室(担当:西山・松木)
TEL:03-5800-3335
添付ファイル
 添付ファイルをダウンロードする
以下の設問に回答の上、お申込み下さい。
設問1 「特設サイト」での視聴テストを行ってください。
確認済の方は数字の1をご入力ください。
特設サイトはこちらから
※特設サイトは「けんとくん」トップ画面の左列下部にもバナーがあります。

設問2 本研修は東京都のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に伴った方法で実施いたします。
開催要項に記載されている「令和4年度 WEB研修の基本的な実施方法について」を必ずご確認いただき、ご理解の上お申し込みください。

「令和4年度 WEB研修の基本的な実施方法について」をお読みいただき、
登録メールアドレスの確認がお済みの方は、数字の1をご入力ください。

令和4年度 WEB研修の基本的な実施方法について
(文字をクリックすると資料が確認できます)

設問3 受講予定者の所属する施設・事業所の種類について以下の番号をご記入ください(番号のみご記入願います)。
1.高齢系事業所 2.障害系事業所 3.保育所 4.児童・母子・乳児施設 5.保護施設 6.社会福祉協議会 7.その他(具体的に)

設問4 受講予定者の所属する施設・事業所の種別をご記入ください。
例)特別養護老人ホーム 就労移行支援B型 保育所 法人本部 等

設問5 受講予定者の職務について以下の番号をご記入ください(番号のみご記入願います)。
 1.採用(人事)担当者 2.施設長・事業所長 3.その他(具体的に)

設問6 採用活動においてどのように情報発信を行っているかご記入ください。
例)法人独自に求人サイトを設けている

設問7 本研修の受講動機をご記入ください(3行以内でお願いします)。

設問8 本研修申込とりまとめ事務担当者名(研修申込に関する問い合わせ先)をご記入ください。
戻る