★WEB★令和4年度 苦情解決担当者研修
事故・苦情対応のリスクマネジメントについて
~福祉サービスの質の向上とリスクマネジメントの体制構築を目指して~
2023年01月16日(月)
担当者:東京都福祉人材センター研修室
研修目的
福祉事業者がサービスを提供するにあたっては、さまざまなリスクが伴います。時にそれは、利用者の身体・生命の安全を脅かす重大事故という形で現れ、また時には、利用者や家族からの深刻な苦情や訴えという形で表面化することもあります。事業者にとってこれを放置することは、利用者の権利保護の観点から許されないことはもちろん、事業の存続を危うくする事態にもなりかねません。残念ながら、福祉サービスが利用者の生活や安全に密接に関わるものである以上、このリスクを完全に消滅させることはできません。しかし、リスクはそれを事前に想定し、適切に予防と対応の方策を構築することにより、飛躍的に縮減することが可能です。この発想とプロセスこそがリスクマネジメントにほかなりません。
今回の研修では、福祉サービス分野における事故と苦情の特質や意義を理解した上で、日常のインシデント(事故につながるような出来事)や利用者の声などをいかにして有効に活かし、福祉サービスの向上につなげるとともに、強固なリスクマネジメントの体制を構築するか。そのためのヒントと手法を学びます。
研修対象者
東京都民を対象とする福祉施設・事業所の役職員
日程
2023年01月16日(月),
募集締切日:2022年12月16日(金)
受講申し込み

研修内容
時間 内容
分~ テーマ「事故・苦情対応のリスクマネジメントについて」 

講 師:弁護士/明治大学専門職大学院法務研究科教授 平田 厚 氏 
内 容
(1)苦情解決制度の意味
(2)運営適正化委員会の現状(2021年度)に見る苦情の状況
(3)なぜ不平不満という苦情が生じるのか?
(4)介護事故リスクマネジメント・プロセスのポイント
(5)近年の介護事故判例の考え方         

約120分

研修会場
収録型WEB研修となります。
インターネット通信環境があれば
配信期間中いつでも視聴できます。
受講費用
5,000円(1名分)                                              ※複数人お申し込みの場合、複数人分の受講費用が必要です。
受講定員
その他
■申込及び受講料振込期限:令和4年12月16日(金)
■受講料は、下記「開催要項ファイル」に記載されている方法でお支払いください。(※郵便振込み用紙はお送りしません。)
お問い合わせ先
東京都社会福祉協議会 東京都福祉人材センター研修室
「福祉施設経営研修」担当:山田・沖山
 〒112-0006 東京都文京区小日向4-1-6
 電話:03-5800-3335
添付ファイル
 添付ファイルをダウンロードする
以下の設問に回答の上、お申込み下さい。
設問1 「特設サイト」の「視聴環境確認ページ」での視聴テストを行ってください。(研修視聴予定のPCでお試しください。)
確認済みの方は数字の「1」をご入力ください。
特設サイトはこちらから
※特設サイトは「けんとくん」トップ画面の左列下部にもバナーがあります。

設問2 受講予定者の所属する施設・事業所名をご入力ください。(受講予定者が、けんとくんご登録の施設・事業所にご所属の場合は、入力の必要はありません。)

設問3 受講予定者の所属する施設・事業所の分野
1 高齢者関係  2 児童・母子関係  3 保育  4障害児・者関係  5 保護施設   6 社会福祉協議会  7 その他(具体的に)

設問4 受講予定者の所属する施設・事業所の種別
(具体的にご入力ください。)
(例)特別養護老人ホーム 保育所 就労継続支援B型

設問5 聴覚障害をお持ちの方で、「研修動画の文字起こし文章」を希望される場合は、お申し出ください。

設問6 本研修申込とりまとめ事務担当者名を入力してください。
(研修申込に関する問い合わせ先)
戻る